古明堂

『こめいどう』と読みます。主にエロゲの批評などをしております。

殻ノ少女 感想 ―生まれるために卵は在り、壊れるために殻は在る― (3626文字)

f:id:Koyayoi:20180902152648j:plain

目を背けていても、起きてしまった事は何も変わりはしないんだ。

それどころかとても大切なものまで見失ってしまう

 

ブランド:Innocent Grey

シナリオ:鈴鹿美弥

公式サイト:殻ノ少女

 

発売されたのが2008年なので、あまり当時の状況というのがわからないのですけど、発売前に開催された「登場人物の誰が死ぬかキャンペーン」はあまりにもあまりに過ぎてめちゃくちゃ笑いました。お前!ホントそういうところだぞお前!!(いいぞもっとやれ)

僕はこのゲーム単体で購入したわけではなく、イノグレ初期4作品をまとめた『PARANOIA』からやっているのですけど、フツーにこちらのほうがおすすめですね。前作であるカルタグラを含めてくれているので、そういう気遣いありがたいよなぁとか。

 

シナリオは(ENDに違いはあれど)ほぼ一本道で、カルタグラと同じく「やりたいことをやってる」感MAXな作品です。

実はこういう作品結構好きなんですよね。暗い作風が好きという意味ではなく(むしろ明るいくらいのほうが好きです)、作品の在り方に沿ったデザインが出来ているという…。うぅん、ちょっと言葉にしづらいんですけど、所謂「完成度が高い」というやつですね。

PULLTOPとかlightとかもそうなんですけど、高水準な作品を出し続けるメーカーって「作ろうとしているモノ」に対しての音楽やグラフィックの埋め方がとても上手いんですよ。なんというか「作品の作り方を心得ている」わけですよね。

まぁそういうのはむしろプロデューサーの手腕が問われるわけで、やはりエロゲーは芸術作品なのでは?と疑問を抱かざる負えないわけです(何の話?)。

 

今回は京極夏彦の著作が特に意識されているそうなので、そちらからの引用とかも。

そんな感じで、以下ネタバレ注意。

 

続きを読む

金色ラブリッチェ 感想 ―Everything Gold Can Stay ― (2500文字)

f:id:Koyayoi:20180624012942j:plain

世界はいつも、こんなにも綺麗に黄昏れていく。

金色の空が黒く闇に暮れていく。その色がすごく綺麗だった。

 

ブランド:SAGA PLANETS

シナリオ:さかき傘

公式サイト:金色ラブリッチェ

 

萌えゲーアワード2017年準大賞おめでとうございます。

いや、受賞したからプレイしたわけではなく(よく参考にしているのは確かですが)購入自体は今年の頭に済ましてるんですよね。で、プレイ自体もセーブデータ見る限り2月の半ばから始めてるので、約四ヶ月間プレイし続けたことになります。

別にダレたわけではなく、忙しい中でもゆっくりゆっくりプレイできる作品というか。こういう手合いのゲームは主人公に感情移入しないとプレイできないため、時間が開いてしまうと投げるのですが、普通に続けられましたね。

やはりそういうのは、ライター(プロデューサー)がシナリオにうまく抑揚を付けてくれるおかげというか。まぁ手腕ですよねー、とか。

 

そしてコレ、批評空間のコメントで気づいたんですけど、確かにサガプラってVA系列なんですよね。このブランドはナツユメナギサ、はるゆきさくらと続いて3作品目ですけどなんかめちゃくちゃ納得しました。

 

そんな感じの金色ラブリッチェ感想。

今回は、ある少女がたどり着いた金色のハッピーエンド、決して忘れる事のない輝きについてのお話です。

以下ネタバレ注意で。

続きを読む

5月13日:『サノバウィッチ』『WORLD END ECONOMiCA』など

お久しぶりです。生きております。

今回、期間的には過去最高に間が空いてしまいましたね…。

個人的には1ヶ月半で一つ上げられればなー、というペースを目標にしていましたのですが……まぁ守れませんでしたね!大幅に!

 

ちょっとリアルがごたついてたのですが、まぁ最近ようやく落ち着きを見せてきたのでなんとかこうして更新したり。

というわけで今回は『サノバウィッチ』『WORLD END ECONOMiCA』『猫忍えくすはーと』『プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』のお話。

当然のことながらネタバレ注意で。

いやぁ、意識してなかったけど今回全年齢対象が半分と多いなぁ!(ダメ人間)

 

続きを読む

Humanity 批評 ―笑顔の光は永遠に続く― (4506文字)

f:id:Koyayoi:20180122202127j:plain

 

かつて地上には、人間という生き物しかいなかった

しかし、いつしか自分たちだけでは世界が回せないことが分かった

そこで作り出したのが亜人

心を与えず根切りをし、機械のように働かせる

一時は非人道的だと叫ばれたが、時代は変わった

亜人は無くてはならないものとなった

危険な労働。断続的な作業。全てを亜人に任せるようになった

奴隷の誕生だ

やがて人はその本性をむき出しにした

彼らを意のままに操り、世界を根底から覆した

 

道徳は意味を失った。人間が人間でなくなったのだ

 

このままでは、まともな人間はいなくなる。世界は色を失う

 

君は、その本当の意味を理解しているかい?

 
 
ブランド:non color (同人)
シナリオ:はと
公式サイト:Humanity
 
同人ゲーながら、非常に高い評価を得てる今作。
『Humanity』というタイトルから分かるように、今作のテーマは人間性なのですけど、どうしても重くなりがちな話を、独特のギャグテンポで軽やかにしてくれる力量は流石の一言ですね。
キャラボイスはないですが、Vocal曲やBGMの量を考えると、1700円(DLSite)でも非常に安いと思われます。
プレイ時間は10時間前後くらいですし、恋愛色も強くないので、ノベルゲー初心者におすすめするにはもってこいですね。
 
今回は、そんなHumanityからギャグを抜いて真面目な部分を凝縮させた批評です。
あれ、人間らしさってなんだっけ?と思ってしまったそこのアナタ。
このまま未来ってどうなっていくんだろう?と思ってしまったそこのアナタ。
幸せって何だっけ?と思ってしまったそこのアナタ。
おすすめですよ。
 
以下ネタバレ注意。
続きを読む

夜巡る、ボクらの迷子教室 批評 ―夜は巡り始める― (10516文字)

f:id:Koyayoi:20171212231032j:plain

 

 

「学校という場所は不思議なもので、時間の流れ方が少し違う」

今、生きているのが辛くても―――

「変えようと思ったときに、まるで少し待って支えてくれるように感じる。それをうまく利用して―――」

どこまでも辛くても―――

「―――皆さんは、この調子でいけそうですか?」

俺達は諦めちゃいけないんだ―――

「新しい方法は、見つけられそうですか?」

 

 

ブランド:SAMOYED SMILE

シナリオ:porori/画用紙/御導はるか/シャア専用

公式サイト:夜巡る、ボクらの迷子教室

 

一時期、ED曲の一つが某BUMPに似ていると話題になっていた今作。

まぁ実際似てますけど、ボクは曲さえ良ければ何でもいい派なので最近は狂ったように聞いています「星団歩行」。

というかOPEDの収録されたサントラ目的で買ったんですけど、予想以上に内容が面白すぎて久々に良い買い物をしたなぁって感じです。サントラのOPEDはFullだと思ったらShort.verでしたけどね…。いえ、ボーカルコレクションでも出たら買うんでそれはそれで良いんですけど…。

まぁMaking Loversが当たりだったから外れてもいいか…という思いで買ったらめちゃくちゃどストライクでした。

あんまり人にお薦めはできないですけど、久々に「そうそう!こういうヤツなんだよ!俺が求めているのは!」と思える作品でした。

 

おすすめ攻略順は「はやて」→「きな」→「りこ」ですかね。

いや、この順番めちゃくちゃ悩みましたけど。理由は後述ってことで。

 

いやぁほんと面白かった。まだの人は是非買ってくださいね。

そんな感じで以下ネタバレ注意。

 

続きを読む

あの晴れわたる空より高く 感想 ー夢の行き先ー (2431文字)

f:id:Koyayoi:20170926222424j:plain

 

 

見せてやるよ。

今日、俺たちが咲かせる“真夏のコスモス”ってやつを

 

ブランド:チュアブルソフト

シナリオ:範乃秋晴、草壁よしお

公式サイト:あの晴れわたる空より高く

 

萌えゲーアワード2014で準大賞を獲得した本作なのですけど、実は購入したのはだいぶ前で、ユメミルクスリより前だったりします。

いや、確かこの時ってチュアブルソフト割引みたいなのがあって「私が好きなら「好き」って言って!」とか「残念な俺たちの青春事情」と一緒に買ってるんですけど、この2つが圧迫してるうちに起動どころかダウンロードもしないうちに一年以上たっていました…。

まぁいい機会なのでプレイしたのですけど、駆け抜けましたね。四日間で最後の最後までプレイしてしまいました。

やっぱりなんというかこう、ころげての時もそうですたけど僕って青春モノに弱いんだなぁ、と。

 

というわけで以下感想。今回は「夢」についてのお話。

余談として「猫の地球儀」のネタバレもあるので注意で。

 

続きを読む

ワールド・エレクション 感想 ーきっと僕らはー (2594文字)

f:id:Koyayoi:20170904224206p:plain

 

それでも、俺は……全部が思い通りになるわけではないお前と、わかりあおうとしながら生きていきたい

 

ブランド:Whirlpool

シナリオ:近江谷宥

公式サイト:ワールド・エレクション

 

 

そのとおりだ、話すということが、ぼくらに残された唯一のチャンスだ

話すということがぼくらのチャンスなのだ

―――モーリス・ブランショ 『終わりなき対話』

 

 

 

以下感想。ネタバレ注意で。

続きを読む